CBDオイルを使用すると得られる効果は?濃度は高い方が効果がある?

CBDオイルには、体によいさまざまな効果が期待できるとされており、海外ではすでに人気が出ており、日本でも利用者が増えてきています。

しかし、いまだに身近な存在というほど普及はしていないので、実態をよく知らないという人も多いと思います。

そこで誰でもわかるようにCBDオイルについての説明、CBDオイルの濃度や摂取量について紹介したいと思います。

CBDオイルとは?

CBDオイルとは、大麻由来の成分ですが、THCという違法性のある成分を排除したもので合法に利用できる製品です。

また、日本で使用されているCBDオイルの大半はアイソレートと呼ばれるもので、100種類以上ある大麻草成分のうち、CBDだけを抽出してココナツオイルなどに溶かしたものです。

他にも大麻草以外の植物のホップなどからCBDを抽出でき、製品として流通しており、購入も可能です。

CBDオイルの効果・安全性

CBDにはさまざまな効果が認められており、以下の通りです。

  • 痛みを緩和
  • 不安、鬱などの症状を軽減
  • 不眠症軽減
  • 癌の症状における鎮痛緩和
  • てんかん、皮膚病への効果
  • 糖尿病の予防
  • 痴呆症の予防
  • 薬物乱用抑制効果

これだけの効果が確認されていながらも、CBDは安全に利用できるという大きなメリットがあります。

治療目的でCBDオイルを用いた場合、生命にかかわる重篤な有害事象はほとんど確認されておらず、むしろ安全であることがわかっています。

大麻は違法成分がありますが、依存性がないということでタバコよりも安全という見解もあるので、その違法成分を除いたCBDはかなり安全とも言えますね。

しかし、中には大麻に対するアレルギーを持っている場合もあるので、CBDオイルの量を少し摂取することから始めましょう。

CBDオイルの濃度とはいったい何?

CBDオイルを購入する際、製品にはたいていCBDの濃度が記載されており、商品を選ぶ基準にもなります。

濃度はCBDオイル全体に対してどれくらいのCBDが含まれているかを%で表されています。

CBDオイルにはオイルの総量をml(容積)、CBDの含有量をmg(重量)で表記されているのをよく目にすると思います。

「30ml/1500mg」と表記されている場合は、濃度が5%ということになります。

濃度が高いと少ない量でも多くのCBDを摂取できる、濃度が低いと少ない量では少量のCBDしか摂取できないということです。

濃度よりも量を重視した方が良い!

CBDオイルを選ぶ際も濃度が高ければ高いほど、効果を実感できると思うかもしれませんが、同じ期間で消費するのであれば、含有量を重視しましょう。

例えば、以下の二つの製品が合ったとします。

  • A:総量10ml、CBD濃度10%(含有量1ml)
  • B:総量30ml、CBD濃度5%(含有量1.5ml)

消費期間が同じなら、濃度が低いBでもより多くのCBDを摂取することができるので、より効果を実感することができるでしょう。

濃度が高ければ、少ない量でもより多くのCBDを摂取できる、濃度が低くても多くのオイルを消費できればより多くのCBDを摂取できるというわけです。

ただ、CBDオイルの総量が増えてしまうため、全てを消費しなければ結局少ないCBDを摂取するのみとなってしまうので、自分んが消費できるペースを見極めて濃度や含有量を基準にCBDオイルを選ぶことをお勧めします。

まとめ

CBDオイルは安全に利用できる、かつリラックス効果などに期待ができる世界で注目されている製品です。

高い効果を実感したいのであれば、CBD成分の濃度よりも含有量に着目して選んでみてはいかがでしょうか。

また、好みの味などに応じて濃度や製品を選んで継続して利用することも大事なので、色々と試してみると好みのCBDオイルが見つかるでしょう。

おすすめのCBDオイルを使った電子タバコはリラモードです!純度が高いCBDを使っているので効果を実感しやすく、現在お得に始められるキャンペーンが開催中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です