↓Parfum公式サイトはこちら↓

人気の電子タバコVAPEのおすすめは?

受動喫煙のような健康被害への意識から、タバコや喫煙者に対してより一層ナーバスになってきている風潮の中、喫煙者にも非喫煙者にも配慮のある商品への注目度や需要は増加の一途をたどっているといっても過言ではないかもしれません。

中でも有害物質を含まず、芳香を楽しむこともできる電子タバコのParfum(パルファン)は、従来のタバコの代替品として、その地位を確立しつつあるといえます。

 

加熱式タバコとVAPE(電子タバコ)の違い

ここ数年におけるタバコや喫煙に対する世界的な規制強化の影響で、従来のタバコの代替品として、電子タバコや加熱式タバコが数多く市場に出回っていますが、両者の違いには、どのようなものがあるのでしょうか。両者の共通点としては、ライターを使わないという点が挙げられます。

電子タバコとは、リキッドと呼ばれる香料を含む液体に熱を加えることによって発生した水蒸気を吸引することで香りを楽しむことができる嗜好品です。リキッドに含まれる香料(フレーバー)によって様々な風味を嗜むことができる点が魅力です。

現在ではリキッドの種類が数百種類にも及び、リキッド同士を自由に組み合わせてオリジナルなフレーバーを自作することもできるので、幅広い楽しみ方ができます。リキッドに含まれる成分には、食品で使用される成分が多く、タバコにありがちな有害な成分が無い点も特筆すべきといえます。

 

海外製品にはニコチン・タールが含まれている商品もあるものの、日本の製品はニコチン・タールが使用されていないのも特長といえます。電子タバコの使用には、従来のタバコのような特有のにおいを気にする必要もなく、蒸気をまとう姿に風情や魅力を感じる人も出てきていることから、おしゃれアイテムとしての扱いも出てきています。

加熱式タバコとはアイコスやグロー、プルームテックなど、ライターを使用せずに熱を加えて使用するものなのですが、加熱するものがタバコ葉というところが、Parfumなどの電子タバコとの相違点です。

言い換えれば、加熱式タバコは電子機器でタバコ葉に熱を加えることで発生する蒸気を吸引するタバコ製品ということになります。ライターの火よりも低い温度でタバコ葉に熱を加えるため、従来のタバコと比較すると煙やにおいが軽減される反面、ニコチン・タールは含まれるので、加熱式タバコ特有のにおいが発生してしまう点や、有害物質に関しても、従来のタバコよりは含有量を削減されているものの、タバコ葉を使用していることから、ニコチン・タールは含まれている点や、それらを摂取してしまっている点は看過できないでしょう。

 

ニコチンなし電子タバコならParfum(パルファン)

Parfum(パルファン)では、器具を通して香料のついた液体に熱を加え、そこから発生する水蒸気を吸引することで、様々なフレーバーを楽しめます。

Parfum(パルファン)なら従来のタバコで味わうことのできる楽しみや嗜みを削ることなく、ニコチン・タールといった有害物質を含まないことから健康への害は避けることもできるという、まさに両者の望ましい部分を上手に取り入れたアイテムといえる点は、ニコチンなしの電子タバコのなかでもParfum(パルファン)を推奨できる最大の理由といえるでしょう。

Parfum(パルファン)まとめ

Parfum(パルファン)のようなニコチンなしの電子タバコ(VAPE)は、タバコや喫煙に対する規制の強化や、受動喫煙のような健康被害への意識から、喫煙者と非喫煙者の両方に優しい商品です。

本来のタバコの持つ楽しみや嗜みといったメリットも削らない嗜好品である電子タバコ。

とりわけ多種多様なフレーバーによって様々な楽しみ方も追求でき、有害物質を含まないことから健康への配慮も欠かさないParfum(パルファン)は、タバコの代替品として市場価値の高いものといえるでしょう。

 

 

 

VAPE情報まとめのおすすめ総合サイトはこちら
https://vape-labo.jp/

By VAPEMAN