禁煙ブームが加速する中、VAPE(電子タバコ)が注目を浴びているのをご存じでしょうか。
昨今の禁煙ブームでは、なぜタバコばかりに批判が集中してしまうのかも不満がありますが、タバコがNGならVAPEという選択肢があります。

そもそもタバコとは、文化なのです。そんなに簡単に絶滅してしまうべきものではないと思いますし。今回、VAPEのことをまだ知らないという方々のため詳しくVAPEのことについて解説したいと思います。

電子タバコ(VAPE)って何?禁煙ブームで需要増に

VAPE(ベイプ)とは、電子タバコのことです。禁煙ブームが加速化して世間では健康重視という志向が高まっていますが、紙のタバコと比較して健康を害する恐れがないということでVAPEが注目されています。

VAPE(電子タバコ)とは、電気を使用したタバコのことです。電子タバコの方が意味は通じやすいのかもしれませんが、そもそも電子タバコといういい方は日本独特の呼び方です。海外の人たちと会話をしている分には、VAPEでなんのことかすんなり相手に伝えることができます。

また、日本ではVAPEのことだけでなく加熱式タバコも含めて電子タバコということがありますが、一緒にしてしまうにはちょっと違いがあり過ぎという感じもあります。

加熱式タバコとしては、「IQOS」「glo」「Ploom TECH」という商品が知られていますが、どの商品もニコチンを含んだ蒸気を吸飲することになるため、日本での法律においても「タバコ」のジャンルです。また税金の視点から見ても加熱式タバコはタバコとしての課税対象となっています。

比較して、VAPEの場合はニコチン、またタールも含まない水蒸気を吸引する方法となります。ですからVAPEはタバコ税もかかりません。本来VAPEは年齢に関係なく吸うことができるものですが、(法的に吸うこと自体問題はありません)ただし、現在VAPEを販売しているショップで20歳以上しか販売しないという自主規制を行っている流れがあります。VAPEもタバコはタバコなので仕方ないのかもしれませんが……。

VAPEリキッドの成分について

VAPEのリキッドは、人間の身体に安全性が高いとされている成分です。メインの成分は、

VG(植物性グリセリン)
PG(プロピレングリコール)
香料
精製水

です。

VG(植物性グリセリン)は、食品添加物としてお菓子などにも含まれている成分なので安心して体内に入れることができます。
PG(プロピレングリコール)も同じく、食品添加物として使用されている安全性の高い物質です。
VAPEはいわば食品です。過剰な摂取をしない限りは人体に影響を与えることはほとんど考えがたいです。

ごくごく一般的な紙巻きタバコの場合、その中にはタールであったり、一酸化炭素、アスベストやダイオキシンと言った発がん性物質や有害物質が含まれているため標的になっているのです。加熱式タバコに対しても、有害物質が蒸気に少なからず含まれているという実験報告がありますので、少々用心しなければならないでしょう。

比較してVAPEはニコチンやタールが含まれていません。VAPEは、電子タバコというものの正確に言えばタバコではないと言ってもいいでしょう。ですから、安心して使用することができるアイテムです。

おすすめVAPE(電子タバコ)の選び方


ここでははじめての方がVAPEを購入しようと思うとき、どのような選び方をすればいいかを解説したいと思います。

VAPEには、現在いろいろな種類のものが販売されているので、選ぶ楽しみもあります。もちろん自分自身の好みでセレクトしていただいて何も問題ありませんし、目的、価格などしっかり比較してみましょう。

またVAPEの選択のポイントは、VAPEを吸ってみた時の煙の量がどうかということです。使い捨てタイプやカートリッジタイプのVAPEは、リキッドのVAPEと比較して煙の量が少なめです。

タバコの醍醐味はなんと言っても煙!という方々は、リキッドタイプをセレクトするといいでしょう。

パーツを組み立てるカスタマイズタイプのVAPEはW数をアップさせることで「爆煙」も楽しむことができます。紙巻きタバコではなかなか体験できない程です。紙巻きタバコよりもVAPEの方がいいという人たちもいる程です。

また、リキッドタイプのVAPEには、リキッドがどの程度残っているのか一目瞭然のものが販売されています。
そのようなVAPEの方が扱いは楽でしょう。また、注入口が広いタイプであればリキッドをこぼさないで中へ入れることができます。

さらにVAPEの魅力はフレーバーの選択肢が多いことにあります。 フレーバーには、アップルやストロベリー、レモンやマスカットと言ったフルーツ系、また、チョコやバニラ、クリームと言った甘いもの系などなどもあります。女性の方々もついついVAPEの虜になってしまうことでしょう。

気分転換でいろいろな味、香りを楽しんでみてはいかがでしょうか。また、いろいろブランドのリキッドを混ぜてオリジナルフレーバーを作ることだって可能です。以降は現在販売されている魅力的VAPEについて紹介したいと思います。

電子タバコのおすすめ大本命!Parfum(パルファン)


ニコチンなしの電子タバコ、大本命は、Parfum(パルファン)と言っていいでしょう。Parfum(パルファン)ならタバコの魅力は失うことはなく、ニコチン・タールと言った有害物質により健康を害される不安なく利用することができます。

Parfum(パルファン)の使い方は、箱から取り出し、キャップを外して吸う、そして煙が出なくなったら捨てるという手順です。Parfum(パルファン)には面倒くさいメンテも必要なし、誰でも簡単に利用することができます。

普通のタバコはいちいち箱から取り出して火をつけて……という工程がありますが、Parfum(パルファン)はキャップを外すだけ。紙巻きタバコ以上非常に手軽に吸うことができます。

タバコは、なくなればまたコンビニへ買いに行かなければならないので買うこと自体が面倒くさいという方々が結構多いのですが、Parfum(パルファン)は、煙が出なくなるまではいつまでも繰り返し吸い続けることができます。

Parfum(パルファン)には、5種類のフレーバーが用意されています。スぺミントソール、ブルーベリーメンソール、パッションフルーツ、エナジードリンク、コーヒー

彼女に教えてあげれば、彼女もきっとParfum(パルファン)の虜になることは間違いありません。普通のタバコではそもそもこんな香りを楽しむことなんて到底出来ません。

また、吸うたびに衣服についてしまったニオイを気にしていたりしたのではないでしょうか。Parfum(パルファン)なら周囲の人たちにニオイで嫌われてしまうということもまずありません。

Parfumの公式サイトはこちら

 

清春さんと窪塚洋介さんでおなじみDR.STICK(ドクタースティック)


次に紹介するVAPEは、DR.STICK(ドクタースティック)です。DR.STICK(ドクタースティック)は、ガッツリ吸いごたえ抜群、ノドに刺激が欲しいという方々におすすめのVAPEです。

DR.STICK(ドクタースティック)の吸引回数が増えたという嬉しい情報もあります。もちろん価格はそのまま、POD1個で約290回吸引OK、POD1箱あたりなら、約1450回吸引することができます。POD1箱あたりで、普通のタバコおおよそ7箱分に相当に該当しますので、かなりお得感があります。DR.STICK(ドクタースティック)は、アーティストの清春さんがプロデュースをしているVAPEです。

DR.STICK(ドクタースティック)は、本体にフレーバーポッド(フレーバーが入っている)を装着しフレーバーを楽しみます。フレーバーポッドを使用終えたら、次のフレーバーポッドを付け替えましょう。吸引口は本体の方ではなくフレーバーポッドの方なので衛生的にGoodです。

用意されているフレーバーは、
ストロングシガー
ストロングメンソール
ストロングレモン
グリーンアップル

です。

また、DR.STICK(ドクタースティック)を販売している会社(株式会社HAL(本社:沖縄県那覇市)は窪塚洋介さんが出演する自社製映画を4月15日0時から公開しています。Youtubeでフルバージョンが公開されています。楽曲は、清春の「忘却の空」を使用しています。

デザインにもこだわったDR.VAPE(ドクターベイプ)


次に紹介するVAPEは、DR.VAPE(ドクターベイプ)です。DR.VAPE(ドクターベイプ)も現在とても注目度の高いVAPEです。DR.VAPE(ドクターベイプ)は、楽天市場の、「ホビー」「喫煙具」「電子タバコ」「電子タバコ本体」「電子タバコカートリッジ」部門でNO.1を獲得したVAPEです。

つまり、現在一番売れているのが、DR.VAPE(ドクターベイプ)です。「ホビー」部門においてもNO.1を獲得しているということは加熱式タバコとVAPEは違うものであり、ニコチンゼロ、タールゼロだから安心して吸うことができるという認識が世間に高まった結果とも言うことができます。

DR.VAPE(ドクターベイプ)の魅力は、デザインにあり、とてもオシャレでカッコがいいです。DR.VAPE(ドクターベイプ)のデザインは、かつてレディ・ガガ専属クリエイティブディレクターであったスタイリスト、ニコラ・フォルミケッティが手がけています。まさに、タバコってオジサンが吸うものという先入観はバッサリ切り捨てることができます。

DR.VAPEでは、またフレーバーに対しても拘りを持ちました。そもそも日本人の方々が一番味覚に繊細だとも言います。ですから、DR.VAPEは、創業して100 年以上の国内老舗香料業者に協力してもらって徹底的に味の開発をおこないました。現在、マスカット、アップル、バニラなどの6 種類を用意しています。

長州力でおなじみのMONSTER FOG(モンスターフォグ)


MONSTER FOG(モンスターフォグ)は、驚きの爽快感が話題のVAPEです。MONSTER FOG(モンスターフォグ)は、元・プロレスラーの長州力もうなる吸いごたえです。2020年夏に誕生し、まだまだ新しいVAPEです。長州力がイメージキャラクターとして使用されているだけで、MONSTER FOG(モンスターフォグ)はどのような人たちに使用して欲しいかということもなんとなくわかることでしょう。

MONSTER FOG(モンスターフォグ)はVAPEなので、もちろんニコチンもタールは含まれていませんが、それでも吸い応えが非常にパワフルであって、紙巻きタバコを吸っている程の満足感を得ることができます。また、MONSTER FOGをおすすめしたい理由は、煙の量が多いことです。やっぱり煙が出ないことにはタバコを吸っている満足感は半減してしまうでしょう。

MONSTER FOGは、刺激が強いフレーバーに拘りを持っています。かつ、日本人好みの味にしている点を特徴としてあげることができます。

電子タバコNONNICO(ノンニコ)VB2


次に紹介するVAPEは、NONNICO(ノンニコ)VB2です。NONNICO(ノンニコ)VB2は、コンパクトにスッキリまとまっているのに、大満足の大容量を実現しています。軽量&手のひらサイズで、カバンだったり、胸ポケットにすっぽりと収めることができます。

なのに、バッテリー容量1300mAh、リキッドタンク容量2ML。充電とリキッド補充の手間も最小限で、かつ、シンプルで誰でも使える簡単な操作性です。本体とアトマイザーはマグネット式で接続させます。

いつだってNONNICO(ノンニコ)VB2なら気軽に使いたい時使うことができます。

ANUWAA 使い捨て電子タバコ


次に紹介するのはANUWAAです。ANUWAA はおおよそ400~450回吸引することができます。100~200回の吸引で、コーヒor、エナジードリンク1本程度の吸引が期待できるといいます。

ANUWAAは5種類フレーバーを楽しむことができます。元気づけのレッドブル・強めスッキリした感じのメンソール・刺激が爽やかなスーパー清涼感・ほど良い甘さの巨峰・フレッシュで温かいブルーベリーミント。

きっとあなたにとってのお気に入りの香りもこの中に見付けることができるでしょう。

成分は、カフェインをメインとしてビタミン・高麗人参などの植物から抽出した天然成分だけを使用しています。タバコを敬遠している方々の前でも堂々と吸うことができるVAPEです。ANUWAA は、充電の必要もなし、メンテ要らずでリキッドの注入もなしの使い捨てタイプです。吸い込むと起動します。

VITACIG (ビタシグ)


次に紹介するVAPEは、VITACIG (ビタシグ)です。VITACIG (ビタシグ)は、電子タバコなのに、ビタミンを摂取することができるという非常に合理的なVAPEです。まさかタバコを吸って健康になることができるとは想像していなかったことでしょう。

商品を開発してビタシグ社(アメリカ)では、「深呼吸してリラックスできるということを現代に生きる人たちが忘れてしまったのではないか……」ということを危惧し、このような商品を開発したということです。

VITACIG (ビタシグ)だったら同時に、様々なフレーバーを楽しむことができてしまうのです。VITACIG (ビタシグ)は使い方も簡単。前&後ろに付いているキャップを外し、穴の開いている方を口に咥えると自動でスイッチオンします。使用が終わったら、キャップをつければOKです。VITACIG (ビタシグ)は充電そのものが必要ありません。500回限定の使い捨てタイプです。

ターレスプラス(TARLESS PLUS)


次に紹介するVAPEは、ターレスプラス(TARLESS PLUS)です。ターレスプラス(TARLESS PLUS)は、タバコカプセル(プルームテック)に対応した、POD型VAPEです。国内最大級の電子タバコ口コミサイト「ベプログ」がプロデュースしました。

ターレスプラス(TARLESS PLUS)は、タバコカプセルを付けてVAPEとして、また、タバコカプセルをつけないでリキッドだけでも味わいを楽しむことができます。

そして、ターレスプラス(TARLESS PLUS)は更に進化、スライド式のモードスイッチを搭載、より使いやすさを重視しました。デザインもとてもスタイリッシュ、4種類のカラーバリエーションの中からセレクトすることができます。ショートカートリッジの抵抗値が変更されたので今まで以上にミストをエンジョイできます。

airis Quaser(エアリスクエーサー)ヴェポライザー


次に紹介するVAPEは、airis Quaser(エアリスクエーサー)ヴェポライザーです。

airis Quaser(エアリスクエーサー)ヴェポライザーは、直径11mmのスリム&コンパクトサイズのワックス用ベポライザーです。Qセルクオーツコイルは全体にムラがなく熱が伝わるメカニズムです。ワックスを効率よく気化させることができます。

また、プレヒート機能が搭載されていてパワーボタンを2回押せば使用する前にコイルを適正温度まで過熱させることができます。
ネットの口コミでは、とても使いやすいことが評判です。誤作動やトラブルもなく、価格のことを考えると非常にコストパフォーマンスの高い商品です。

JUSTFOG FOG1キット


次に紹介するVAPEは、JUSTFOG FOG1キットです。JUSTFOG FOG1キットは、20mm径のペンタイプVAPEです。H113.5×W20×D20mmのコンパクトサイズです。とても小さいのでしまっておいたのをつい忘れてしまう程です。重量は82.9gと非常に軽量、そしてリキッド容量が1.99ml、バッテリー容量が1,500mAhです。

JUSTFOG FOG1キットは、オールインワンタイプだから電力を供給するバッテリーとリキッドを気化させるアトマイザーが一体化していて、とても使いやすいと感じるでしょう。JUSTFOG FOG1キットのタンク部は、バッテリーからアドマイザーを完全に取り外すことができる作りになっている訳ではありませんが、ベース部分との切り離しはOKなため、メンテナンス性にも優れています。

口コミでは、とてもシックでシンプルなデザインが評判です。ロゴの主張も少なく、中高年の方々も抵抗なく使い続けることができるアイテムです。

VAPE(電子タバコ)のおすすめの使い方


利用者たちは、VAPEをどのような時に利用しているのでしょうか。それは、多くはタバコの代用品としてです。

タバコは身体に良くないと言われるようになって誰からも敬遠される存在になってしまいましたが、メリットだってあったはずです。何よりもタバコを吸うことで私達はイライラを解消することができたのです。

たとえば、夜中に明日提出しなければならない書類を作成していて睡魔が襲ってしまうこともあるでしょう。しかし、そのようなときタバコを吸うことで頭をスッキリすることができたのです。

タバコが嫌われるようになってしまって、イライラは溜まるばかりで、かつ睡魔に襲われ続けている人たちは、是非VAPEを有効的に活用していただきたいと思います。VAPEならタバコのように健康を害する心配も少なく、臭いも気にならずに気軽にどこでもお試しすることができます。

昨今の禁煙ブームによりタバコを吸う人は肩身の狭い思いをすることが多くなりました。駅や公共機関、居酒屋などほとんどの場所で屋内禁煙が原則となり、今では喫煙所を探すだけでも苦労することが多いでしょう。そんなときVAPEであれば気軽に煙の吸引を楽しむことができます。

タバコの代替品で禁煙器具としてVAPEを活用する

VAPEを吸うようになってから、「タバコの本数を減らすことができた」「禁煙に成功した」という声もよく聞くようになりました。
私も実は1日1箱以上タバコを吸うヘビースモーカーで、過去25年以上タバコを吸ってきましたが、VAPEを吸うことで禁煙に成功したひとりです。
タバコを吸いたくなったときには、VAPEを吸うことで無理なく禁煙に成功しました。

禁煙したい、タバコの本数を減らしたいという人は、今からVAPEを活用することをおすすめいたします。

VAPE(電子タバコ)の口コミ・体験談


ネットの口コミでは、VAPEに対しての評価は様々です。まず、カッコいいからVAPEを持っているという方々も結構最近は多くいます。
使用していないでも、VAPEを持っているだけでなんとなくいい気分になることができるのではないでしょうか。

VAPEは、現代社会に生きる人たちにふさわしいスタイリッシュな機種や、シンプル、またオシャレデザインのものが数多く販売されています。そして、フレーバーにもいろいろな種類があり、もはやタバコの代用品という意識ではなく香りを楽しみたいからVAPEを利用しているという女性の方々も多いです。

口コミでは、VAPEによってストレスが解消出来たという声も非常に多く寄せられています。

VAPE(電子タバコ)の口コミの一例


VAPE用のリキッドを通販で購入して0.8Ωで使用
とても美味しい蒸気が出ます!
家族から臭いと言われず、吸った感じが有って大満足です!


私はセブンスター14ミリ吸っていて最近プルテクプラスに替えて物足りなさを感じていたところ、これに替えてビックリ!
吸い応えあり、リキッド豊富で大満足です。


他にお気に入りの電子タバコがあったのですが、配送の関係でこちらを試すことにしました。メンソール入りのを選びましたが、買って正解。
カフェィン入りとのことでした。適度にすっきりしますが、睡眠にはあまり影響しません。
他の電子タバコよりメンソールが強く、喉付近まですっきりします。

VAPE(電子タバコ)の1番人気のおすすめはParfum(パルファン)

Parfum(パルファン)
いろいろVAPEを紹介しましたが、敢えてどれかひとつといえば、Parfum(パルファン)がおすすめです。
Parfum(パルファン)は、タバコの代用品として充分満たすことができ、かつニコチン・タールと言った有害物質の不安に襲われることはありません

Parfum(パルファン)は、箱から取り出し、キャップを外して吸うその手軽さが非常に評価されています。そして煙が出なくなったらそのまま捨ててしまえばno problem。

やっぱり多くの人たちは紙巻きタバコの代用品としてVAPEを利用したいと思っているのです。紙巻きタバコと限りなく近く、それでも全然紙巻きタバコとは違う……、Parfum(パルファン)はそんなVAPEです。喉にガツンとキック感のある吸いごたえで、手軽に爆煙を楽しめるParfumをぜひ一度お試しください!

Parfum公式サイトはこちら
https://par-fum.jp/

おすすめVAPEランキングまとめ

いかがでしょうか。今回は様々な種類のVAPE(電子タバコ)について、そしていろいろ市場で販売されているVAPEの種類について解説しました。

VAPEにはいろいろなタイプがありますので、時間をかけてじっくりリサーチしてみましょう。

VAPEは、紙巻きタバコの代用品として充分使える商品です。かつ、ニコチン、タールの心配もなし、堂々と使用することができます。後ろめたさも一切なし、眠気防止にもストレス解消にも役立てることができます。

By VAPEMAN