Parfum(パルファン)のフレーバーと吸いごたえについて

Parfum(パルファン)は、香りにこだわって製造されていて、濃厚な味わいから吸いごたえのある商品といえます。
フレーバーは5種類用意されているため、自分に合ったフレーバーを色々と試してみるのがおすすめです。

スペアミントメンソール・ブルーベリーメンソール・パッションフルーツ・エナジードリンク・コーヒー
Parfum(パルファン)では以上の5つのラインナップを揃えています。

紙巻タバコのようなキック感を求める方には、スペアミントメンソール・ブルーベリーメンソールなどのメンソール味のフレーバーがおすすめです。メンソールにもタバコのような中毒性があるといわれるため、タバコの代替品としてVAPEを利用する場合には、メンソールフレーバーが良いでしょう。また、甘い味が苦手な方には、コーヒー味のフレーバーを試してみるのがおすすめです。

Parfum(パルファン)の吸いごたえは、以下のように煙の量も爆煙を楽しめるので一度お試しください。
Parfum公式ページはこちら

 
 

パルファンのメリット・デメリット

ここではParfum(パルファン)のメリットやデメリットを解説します。

Parfum(パルファン)のメリット

■灰皿不要で、吸う場所も選ばない
Parfum(パルファン)のメリットは、吸い殻が出ないことから灰皿が不要で、場所を選ばずに吸うことができる点です。
従来のタバコ製品とは別物とみなされていて、改正後の健康増進法の規制の対象外となるため、
使用できる範囲が広く、飲食店でもParfum(パルファン)の使用を可能にしているところが増加しています。

■「タバコ臭」を気にせず使える
Parfum(パルファン)の特長の1つとして、ニコチン・タールが含有されていないことが挙げられます。
タールはタバコに特有の臭いの原因となる物質ですが、Parfum(パルファン)で使用するリキッドにはタールが含まれないため、服や部屋や車に臭いが付きにくく、自宅やオフィスなどの人が集まる場所でも、周囲に対してあまり気を遣うことなく使用できます。

■ヤニによって部屋や歯を汚さない
従来のタバコに含まれるタールは、臭いのみならず色素沈着の原因にもなるため、歯の黄ばみや部屋の壁紙の変色につながります。歯の黄ばみは、改善にホワイトニングなどの治療を要する場合もあるため、色素の沈着の予防が必要不可欠といえます。その点、Parfum(パルファン)では、タール不使用のため、色素沈着を気にすることなく使用できる点は大きなメリットといえます。

■長期的な使用では経済的
Parfum(パルファン)の新規購入では、本体のみならず、リキッドやメンテナンスの用具をそろえる必要があるため、高価格な印象を受ける人も多いかもしれません。

しかし、一度購入してしまえば、1か月に数個のリキッドの購入のみで済むだけでなく、商品によっては、約300回も吸引できる1.5mlのフレーバーポット2つ入りのパックが購入可能です。また、メンテナンスが不要のものもあり、原則としてフレーバーポット以外の費用もかからず、本体とフレーバーポットとがセットになったスターターキットも販売されているため、商品によっては初期費用を抑えることも可能です。長期的な使用では、従来のタバコに比べて経済的といえます。
→ マルボロやセブンスターなどの紙巻タバコとParfum(パルファン)を比較すると、パルファンに切り替えるだけで、年間で約10万円の費用を節約することが可能といわれます。

■減煙に一役買ってくれる
Parfum(パルファン)は禁煙や減煙に向いている商品です。
タバコに近いフレーバーや、メンソールのフレーバーによって、タバコを吸っている時と同様の気分や楽しみを味わうことができます。
禁煙が難しいとされている理由には、ニコチンの影響や煙を吸いたい・口が寂しいといった精神的な問題があり、Parfum(パルファン)は、どちらの解決にも貢献してくれるといえます。

■好みや気分に合わせてフレーバーを選ぶことができる
現在では、リキッドの種類も豊富で、多彩なフレーバーを試すことも可能ですが、複数のフレーバーを購入して気分によってリキッドを付け替えることや、複数のフレーバーを自由に組み合わせるといった多角的な楽しみ方も醍醐味の1つといえます。
 
 

Parfum(パルファン)のデメリット

■購入場所が限定される
Parfum(パルファン)は、インターネットなど購入場所が限られてしまうので、手軽に入手しづらいといえます。現在ではコンビニエンスストアや楽天・アマゾンなどのネットショップでは購入できません。Parfum(パルファン)は公式ホームページにて販売していますので、公式HPから購入しましょう。
https://par-fum.jp/
 
 

パルファンは健康に対する害はないの?

Parfum(パルファン)は、ニコチンなしのVAPEのため、紙巻タバコのような健康への害となるニコチン・タールなどの有害物質は含まれていません。Parfum(パルファン)は国内工場で製造をおこない、日本食品分析センター実施の分析をおこない、使用する原料は食品グレードのため安全です。

Parfum(パルファン)で使用しているフレーバーの成分は、日本食品衛生法に適合し徹底した品質管理体制をおこない、国内製造により食品安全基準を満たしたものを使用しています。Parfum(パルファン)のフレーバーはニコチンの混入がないことや、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒドなどの有害物質が含まれていないか厳しい検査を独自におこなっているため安心して喫煙することができます。

 
 

By VAPEMAN