Parfum(パルファン)

Parfum(パルファン)とはこんなVAPE(電子タバコ)

Parfum(パルファン)とは、ニコチンが使われていないVAPE(電子タバコ)のことで、従来のたばこの代替品に相当する商品です。

2018年7月に、健康増進法の一部を改正する法律が成立したのですが、2020年4月より全面施行されました。都道府県条例にもよりますが、これをきっかけとして、店舗や屋内施設における喫煙に関するルールが従来と比較してさらにきめ細かくなり、受動喫煙に代表される喫煙者と非喫煙者との間に生じる問題への対処が厳格化されました。

健康増進法の一部を改正する法律(改正健康増進法/改正法)とは、非喫煙者がタバコの煙を吸い込む受動喫煙を防ぐための法律で、2019年7月より、学校・病院・児童福祉施設といった一部施設では、原則として敷地内においては禁煙の施行が進められていたのですが、2020年4月以降は全面施行されました。

ルールは大別すると4つに分けられ、「屋内においては原則として禁煙」「喫煙室の設置」「喫煙室への標識の掲示の義務化」「20歳未満の喫煙エリアへの立ち入り禁止」が定められましたが、違反すると罰則の対象となることもあります。

また、改正法では、「タバコ」と「加熱式タバコ」の2種類に区別されていて、「タバコ」は、紙巻きタバコや葉巻タバコに代表される燃焼することによって煙を生じるタバコのことで、「加熱式タバコ」とは、「IQOS」「glo」「ブルーム」シリーズに代表される燃焼しても煙が発生しないタバコのことです。

2020年4月の改正健康増進法の施行がきっかけとなり、受動喫煙を防止する取り組みがマナーからルールへと変わったことで、喫煙者により一層厳しい状況となりました。
そのような中でも、ニコチン・タールを含まないVAPE(電子タバコ)であるParfum(パルファン)は改正健康増進法の規制の対象外となるため、禁煙・喫煙に対する第3の選択にして、吸う人と吸わない人どちらにも配慮した商品と言えます。

Parfum(パルファン)のデメリットや害はあるの?

Parfum(パルファン)は電子タバコなので、紙巻タバコに比べるとニコチンやタール0で、嫌な臭いなどもなく、禁煙対策として活用するのもおすすめです。費用としてもタバコを吸うよりもかなり節約ができるようになり、年間で10万円近くの節約ができる計算になります。

そんなメリットの多いニコチンなしの電子タバコ(VAPE)であるParfum(パルファン)ですが、デメリットについても以下に調べてみました。

■初期費用が発生するため、短期間での使用としては割高:
VAPE(電子タバコ)は、初めに本体や商品によってはメンテナンス用品を買う必要が出てくる可能性があるため、短期間での使用になってしまった場合には割高になってしまうと言えます。

■充電やメンテナンスに手間がかかる場合も:
VAPE(電子タバコ)は、 電気によって加熱するため、加熱式タバコ同様に事前の充電が不可欠になります。パソコンなどのUSBから充電が出来るため、外出先での充電も可能ですが、充電時間がデメリットになりうるといえます。

■購入場所が限定される:
日本におけるVAPE(電子タバコ)は、まだ普及段階のため、インターネットやベイショップなど限られた場所でのみ購入可能で、都合の良いタイミングでの手軽な購入が難しい点もデメリットと言えます。Parfum(パルファン)は現在では公式ホームページからのみ購入可能で、Amazon・楽天・ヤフーショッピングなどのECサイトでの購入はできませんのでご注意ください。
Parfum公式ページはこちら
 
 

加熱式タバコよりVAPE(電子タバコ)Parfum(パルファン)をおすすめする理由


Parfum(パルファン)などのVAPE(電子タバコ)は、電気を使って吸うタイプのタバコを指します。電子タバコのパーツには、電子タバコ用のリキッドを入れるタンクを内蔵しているアトマイザー、バッテリー、カートリッジがあります。

バッテリーの電力をアトマイザーに流し、カートリッジに入ったリキッドを通電して加熱させ蒸気化させ、この蒸気化された水蒸気を吸うことで、火を使うことなくタバコと似た味わいや使い方を堪能できるのです。

加熱式タバコとVAPE(電子タバコ)の違いは、加熱式タバコにはタバコ葉も使用され、ニコチン・タールも含まれているのに対して、VAPE(電子タバコ)はタバコ葉も使用されず、ニコチン・タールも含まれていないため、健康被害がより軽減されるといえます。

 

Parfum(パルファン)のまとめ

Parfum(パルファン)とは、VAPE(電子タバコ)の一種で、タバコの代替品にして、ここ数年で厳重化した規制にも対応できる商品といえます。

タバコ葉もニコチン・タールも含まないため、従来のタバコのよる健康被害も軽減でき、火を使わずに従来のタバコと極めて近い使い方や味わいによるリラックス効果も期待できます。
https://par-fum.jp/

By VAPEMAN